職場は変わった。
採用現場はどうか。

デジタル環境の成熟、働き方改革、SDGs、
経営環境の大きな変化で、採用活動も変化を迫られています。
その変化が、コロナウイルスの流行で一気に可視化、
高速化した2020-2021年。
採用担当者1000名のリアルなデータや声と共に、
これからの採用活動のヒントを考えてみませんか。

調査概要

「採用活動の実態調査2021」

調査機関:2021/4/12-15
調査対象:20-90代男女・採用担当者1094名
調査元:Thinkings株式会社

TOPIC 01
TOPIC 01

環境変化のなか、採用強化・業務効率化のために
新たな採用ツールを導入する採用現場。しかし3割が多忙化、
採用人材の質も「変化なし・低下」6割超え。

オンライン面接にも苦闘。

多忙化する採用現場

直近3年で経営環境や働き方が見直されるなか、採用担当者1094名のうち490名が新たに採用ツールを導入したと回答。
「求人媒体」「オンライン面接ツール」「適性検査・web検査ツール」が10%を超えた。しかし採用ツールを導入した結果、本来採用強化・業務効率化されるはずにも関わらず、36.7%の採用担当者が「とても忙しくなった」「すこし忙しくなった」と回答した。

さらに、新たに採用ツールを導入した回答者の67.5%が、採用した人材の質について直近3年で「変わらない」「少し低下した」「大きく低下した」「わからない」と回答。
オンライン面接でも「本質が見抜けなくなった」と苦戦する意見が半数以上を占めた。
採用強化・業務効率化のために新たな採用ツールを導入したにも関わらず、採用担当者は忙しくなり、採用人材の質が確実に向上した企業は限定的であることがわかる。

詳細を見る
TOPIC 02
TOPIC 02

採用担当者の2人に1人が、採用活動に対して
「不安」「改善の余地あり」と課題視。
採用要件の改善や採用のナレッジ化を求める声多数。

「改善したくても何をしたらよいかわからない」の声まで

悩む採用担当者

採用担当者のうち47.6%が採用活動に「とても不安と感じる」「まあまあ不安と感じる」と回答。コロナをはじめとした激変する社会環境に伴う対応に困惑する声が目立った。その他、応募者側の変化に関する不安や社内とのコンセンサス不足を指摘する声も一定数見られた。

さらに現状の採用活動に「改善の余地がある」と感じると回答した採用担当者は60.3%にまで及んだ。採用要件の改善や採用ノウハウのナレッジ化を求める声が多く寄せられる一方で、改善したいが「何をしてよいかわからない」「思い浮かばない」という率直な意見も少なくない。

詳細を見る
TOPIC 03
TOPIC 03

採用の成否、最も顕著な差は
「カルチャーにマッチした人材採用」ができたかどうか。
採用基準の明確化、社内との意識合わせも強化ポイントに。

改善できない理由、大半が時間やリソース不足を指摘。

カルチャーにマッチした人材

自社の採用活動の成否を問う設問について、改善の余地があると感じない(=採用がうまくいっている)採用担当者と比較すると、採用活動に改善の余地があると感じる(=採用がうまくいっていない)採用担当者は、やはり各項目の回答が軒並み低いポイントに至った。特に「自社カルチャーにマッチした人材が採用できている」と回答した採用担当者は、両者間で16.5%もの開きが見られた。カルチャーフィットの成否が採用の成否を分けていることがうかがえる。

また、「採用課題について社長・経営層と共有がしっかりできている」(14.7%差)「自社の求める人物像・人物要件をはっきりと定義できている」(14.4%差)「判断基準について採用担当者や面接官の間でズレを感じることはない」(13.8%差) 「求める人物像・人物要件に合わせて、最適な採用手法を実施できている」(11.9%差)「応募者一人ひとりとしっかりと向き合う採用活動が出来ていると感じる」(11.8%差) など、採用基準や採用手法における精度も、改善すべき強化ポイントになりそうだ。そして「改善したくても改善できない」理由としては、大半が「時間やリソース不足」を指摘する声が目立った。

詳細を見る
SUMMARY

環境変化が激しい今こそ、
注目すべきは「採用の解像度」。
そのための時間・リソースづくりを。

環境が変わりつつある採用現場で、約半数の担当者が採用活動における不安や改善の余地を感じている。経営層と密に連携しながら採用戦略を定め、自社ならではの採用基準を明確化できているか。それに合わせて、自社に最適な採用手法を取れているか。そして、スキルや能力だけにとらわれずカルチャーマッチも踏まえて応募者一人ひとりと向き合えているか。そうした採用戦略に沿った各施策の一つ一つを、丁寧に意図を持って設計することで「採用の解像度」を高めていくことが、自社の採用を成功させるキーとなっていくだろう。一方でそのための時間・リソース確保に悩む声も今回の調査で浮き彫りになった。

経営環境や働き方の大きな変化で、採用活動も変化を迫られている今。「採用の解像度」を上げる取り組みが、各社求められている。

代表取締役社長 吉田 崇
REVIEW

デジタル環境の成熟、働き方改革、ESG。経営環境が大きく変化する中で、採用活動も変化を迫られています。その変化が、新型コロナウイルスの影響で一気に加速し、可視化された2020-2021年。この激動の時代において、採用活動の実態・採用担当者ののホンネをリサーチすることで、これからの採用活動のヒントを探りました。

今回リサーチの結果、採用担当者の2人に1人が、現状の採用活動に不安や改善の余地を感じている。そしてこの不安は年々加速しているように思います。また、応募チャネルの増加や通年採用の普及によって採用活動が多様化・複雑化するなか、時間やリソース、ノウハウ不足により、なかなか改善に取り組めない採用担当者が多い実態も浮き彫りになりました。
本当は多くの採用担当者が、自社ならではのビジョンやカルチャーを踏まえた採用基準や採用手法で、応募者一人ひとりと向き合いたい。しかし時間やリソースの問題でそれができない。これが採用現場の切実な課題です。

明確な意図を持って採用基準や採用手法を設計し、応募者一人ひとりにピントを合わせて丁寧に向き合えているか。これらの現状をまず認識し、採用の本質的な改善を行えるように、私たちsonarは、「採用の解像度」という新たな指標を提案します。採用担当者の煩雑な業務を効率化し、「採用の解像度」を上げていくことで、真のマッチングをサポートしたい。そんな想いで、採用管理システムをはじめとしたsonarブランドのプロダクト・サービスを提供しています。
採用担当者の方々が本来の価値ある仕事に向き合えることを、心から願っています。

Thinkings 株式会社
代表取締役社長

吉田 崇

採用の解像度クイック診断
CHECK

採用の解像度
クイック診断

あなたの企業では、本質的な採用業務に充分リソースを割けているでしょうか。
皆さまの活動を可視化できるように、採用における「解像度」のチェック項目をまとめました。
ぜひ一度、採用チーム間で項目を確認の上、今後のよりよい採用活動に役立ていただければと思います。